愛媛県 松山競輪のホームページです。開催スケジュール、地元選手紹介、初心者ガイド、レース直前選手インタビューなど。

 宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第35回『新年度♪ 気持ちも新たに 編』

 競輪ファンの皆さま、こんにちは。ご機嫌いかがですか。桜も散り若葉がまぶしい季節がやって来ようとしています。もっくんは今年の年明けから体調を崩していましたが、春に近づくにつれて回復し、今ではすっかり元気になりました。春は季節的に寒暖の差が激しく体調管理が難しい時期ですが、どうか皆様お気をつけて日々競輪をお楽しみください。 前回のよもよも話から少し間が空き過ぎましたが、「新年度♪ 気持ちも新たに 編」をよもよも語らせて頂きます。

競輪業界リニューアル

 競輪界では業界をあげてファンの皆様に楽しんで頂こうと様々な改革を行っております。この新年度からはインターネット投票をご利用のファンの皆様が投票しやすいように競輪のホームページがリニューアルされました。僕はアナログ派なので使用回数は少ないのですが・・・(笑)。情報量が増え見やすくなっております。同時にライブ映像やレースリプレイなども見ることができ、インターネット投票がとても簡単便利になっております。

 競技判定においてはいち早く決定放送をお届けすることとして、今までより早くなり、よりスピーディーに放送されております。

 また記念競輪もナイターで行われるようになりました。今まではナイター競輪はサマーナイトフェスティバルを除くとFⅡ戦とFⅠ戦のみでしたが、4月には川崎記念競輪で業界初となる「ナイター記念競輪」が開かれ豪華メンバーで連日熱い戦いがナイターで楽しめました。働き方が変わりそれに合わせて競輪の楽しみ方も変わりつつあります。もっくんとしては1日中楽しめて嬉しい限りです。楽しめるレース数が増える分当てないと最後まで楽しめませんが(笑)

 競輪界も業界をあげて盛り上げる努力をしています。これからもファン目線でファンのための改革を期待したいと思います。

 是非新しい楽しみ方でも競輪をお楽しみください。

今年の競輪界

 2017年に入り早4か月目、早いものですね~。少し振り返ってみます。

 まず1月はここ松山競輪場で「被災地支援競輪 開設67周年記念金亀杯争覇戦」が開催されました。年に一度の記念競輪とあって場内スタンドも大いに沸きました!

 地元勢に期待が集まる中、準決勝へは濱田浩司選手(81期)と渡部哲男選手(84期)が進出し、決勝戦では濱田浩司選手(81期)が惜しくも2着でしたが見ごたえあるレースを見せてくれました。優勝は若手徳島コンビの連携で太田竜馬選手(109期・徳島)の後位から原田研太朗選手(98期・徳島)見事な捲りを決め栄冠に輝きました。

 競輪のホームページ「KEIRIN.JP」でダイジェスト映像がご覧いただけます。熱い走りと共に沸き立つスタンドの様子も聞けますのでぜひご覧ください。そして競輪場にお越しいただき選手へ声援を送って競輪を楽しんでください。

 2月には今年に入って最初のGⅠレース「被災地支援 読売新聞社杯全日本選抜競輪」が茨城県取手競輪場で開催されました。「ケイリンGP‘2017への最初の切符は誰が手にするのか?」と競輪ファンが注目する大一番です。決勝戦はS級S班の選手が5名出場で上位4着までをS級S班が占めるなど格の違いを見せつけられました。そんな中見事優勝でGPへの切符を手にしたのは平原康多選手(87期・埼玉)でした。2着は取手競輪場が地元の武田豊樹選手(88期・茨城)で特別競輪ではこの両選手のコンビネーションが毎回目を引きファンを魅了しています。

 そして3月は今年新たに新設された「被災地支援 第1回ウィナーズカップ」がお隣香川県の高松競輪場で開かれました。出場選手の選考順位が「1着が多いS級選手」ということもあり若手の機動型選手が多く出場して見どころ溢れるレースが多数見られました。ここでも決勝戦に平原康多選手と武田豊樹選手が進み「2月の全日本選抜競輪決勝戦の再現か?」とファンの人気を集めましたが若手の郡司浩平選手(99期・神奈川)が中段から見事なスピードで捲り切って優勝し初代王者に輝いております。

 来年のウィナーズカップはここ松山競輪場で3月に開催することが決まっております。特別競輪ならではの雰囲気や独特の盛り上がりが今から楽しみです。

愛媛支部の近況

 今年に入って愛媛支部の選手の活躍が目立っています。応援隊長としては嬉しい限りです。野村典嗣選手(109期)は3場所連続完全優勝を果たしA級2班に特別昇班、副支部長の大崎飛雄馬選手(88期)も2場所連続優勝と勢いを増しています。そしてこの両選手が瀬戸風ドリームナイトレース「九州スポーツ杯争奪戦」に揃って出場し共に決勝戦へ進みラインを組み優勝を狙いました。結果は痺れるほどの差し足を見せた大崎飛雄馬選手が地元ファンの目の前で優勝し3場所連続優勝を手にしました。レース後のインタビューで「地元じゃなかったら届かなかったと思う」という言葉に「ファンの声援がいかに力になっているのか」を改めて感じました。

 どうかファンの皆様競輪場へお越しいただき、ぜひ贔屓選手に声援を送りスタンドで競輪をお楽しみください。

 これから暖かい日々が続き、次第に暑い時期に移り行きます。競輪ファンの皆様もお体にお気をつけて日々競輪をお楽しみください。

 もちろんもっくんは競輪三昧です(笑)

Copyright© Matsuyama-Keirin 2017