若手の頂上決戦『ヤンググランプリ2019』松本 貴治選手(111期)が優勝!!

令和元年12月29日に立川競輪場で開催されたヤンググランプリ2019、地元若手のエース、松本貴治選手が見事優勝しました!!

若手の頂上決戦と言われるヤンググランプリを愛媛の選手が制するのは、2002年の渡部哲男選手(84期)以来です。

昨年8着のうっぷんを晴らすかのように、ホームの長い直線を鋭く伸びて突き抜け、特別競輪のタイトルを掴みました。


松本貴治選手の今後ますますの活躍をご期待ください!!


松本貴治選手